小児科クリニックのパートは激務です((+_+))

私が勤めている小児科クリニックは、病後児保育も経営しているクリニックで、とても丁寧に診てもらえる、ということで、地域でもかなり評判が高く、毎日、毎日患者さんであふれています。

 

問診がとても大事なので、受付をした窓口で、かなり詳しく聞いておきます。

 

このクリニックに通い慣れている親御さんになると、ちゃんとメモ紙に、いついつからどんな症状があって、受診する日までの体温、便の回数、食事がどのように取れているか、というのを記録して持ってきてくださいます。

 

患者さん側でも診察がスムーズに行くよう、協力してくださっているんですよね。

 

なので、私達看護師の方でも、ドクターの診察がスムーズにいくよう、手際よく、臨機応変に、動きよく働くよう努めています。

 

とにかく午前の診療はあっという間です。

 

毎回、気付くと、午前診療受付時間が過ぎています。

 

風邪の流行と予防接種冠者が増える時期が一緒になると、それこそ目がまわりそうになります。

 

時間もどんどん押してしまいますし、午後の診療は14時半からになっていますが、お昼休みがしっかりと取れることはなく、疲れもたまりがちです。

 

でも、ドクターがどんなに忙しくても、落ち着いた口調、ときに見せる笑顔を見ていると、私も頑張らなきゃって思うんですよね。

 

パート看護師の方もいるので、すごく忙しい日はその方達が早めに来てくださって、助けてくれることもあります。

 

看護師同士の協力もあって、何とか乗り切れています。

 

子どもって、本当に可愛いくて、元気がない子ども達を見ると、本当に頑張って早く良くなるんだよ、と祈るような気持ちになります。

 

病気だった子が元気になって経過診察にくると、ほんと良かったな、と思います。