末期がんの患者さんに抗がん剤治療をする事に抵抗があります・・・。ドクターに抗がん剤が必要と言われれば、患者さんは素直に受ける方が多いですよね・・・。苦痛が増すだけの場合も多いですね。

私は、癌患者さんや白血病の患者さんが沢山入院している病棟で働いています。
癌の患者さんは、抗がん剤治療をしている方が沢山いるんですけど、その抗がん剤治療に対して、
抵抗感を持っているんですよね。
抗がん剤というのは、早く増殖してしまうがん細胞を殺す為に使用するんですが、がん細胞だけでなく、
正常な細胞も影響を受けてしまうんです。
だから、抗がん剤を使う事の副作用で、脱毛や高熱、嘔吐、倦怠感などの症状が現れるんですよね。
それだけではなくて、白血球や血小板も減少してしまうので、抵抗力が低下して感染症にかかりやすくなってしまうんです。
食欲が落ちて全身の状態が悪くなっているところに、感染症にかかってしまったら、健康の人だったらたいした事のない病気でも、
それが命取りになってしまう事もあるんですよ。

 

抗がん剤を使用する事で副作用がある事を説明すると、ほとんどの患者さんは不安になります。
それは当然だと思いますよね。
でも、ドクターに抗がん剤が必要だと言われたら、それを受け入れるしかないと思うんです。
癌にかかった事の辛さは、癌そのものの辛さではなくて、抗がん剤の副作用による苦痛が一番辛いとも言われています。
それに、全ての癌患者さんに効果があるわけではないので、苦痛を伴うだけで、症状が改善されないケースも沢山あるんです。
ドクターに、自分が癌になったら抗がん剤を使うかどうか質問すると、ほとんどのドクターは使いたくないと答えます。
でも、患者さんには抗がん剤の使用を勧めていますよね。
抗がん剤はかなりの高額ですし、本当に必要があるのかな?と考えてしまうんですよね。
いつか、癌に効果がある薬が開発される日が来るのでしょうか?その日が来る事を期待しています。